MENU
     
最終更新日:2020年1月27日

シアリスには「偽物」が存在する…

偽物

インターネットの掲示板やSNSなどに目を向けてみると、良くこのようなことを目にしませんか?  
 

・シアリスの偽物の見分け方を教えてください!  
・正規品が購入できる場所を教えてください!

 
 
…etc  
 
このように世の中にはシアリスやそのジェネリックを使いたいけれど健康被害に悩まされる恐れがあることから購入や服用をためらってしまう人が多く見受けられます。  
 
そこでここでは実際に私が調査してシアリスの偽物の見分け方を多くの人に知ってもらいたく、記事にしてみました。

【目次】

偽物を飲んでしまった健康被害

2010年6月、オーストラリア国内において、ベトナムで購入した『Cialis 50』※と書かれた偽造シアリスの服用により、重篤な低血糖症が発生したことが報告されました(Med.J.Aust. 192, 716-7, 2010)。オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局(TGA)でその成分を調べたところ、偽造品1錠中に正規品には含まれていない血糖降下薬のグリベンクラミド152.8mg(日本での承認用量は1日最大10mg)とシルデナフィル(バイアグラ)0.5mgが含まれていたことが判明しました。 引用先:https://www.ed-care-support.jp/fake/

これは海外の事例ですが、このように本来配合されるはずのない成分が配合されることで健康被害に繋がっている事例もあります。  
 
また持病を持っている場合には、配合された成分により持病の悪化、最悪の場合には「死」に至る可能性もあります。  
 
絶対に偽物のシアリスは購入・服用してはいけません!

偽物を見分ける方法

見分ける

では早速ですがシアリスの偽物を見分ける方法を紹介していきます。  
 
これから紹介していくものを目にした場合には絶対に服用しないようにしましょう。

用量

シアリスは世界で次の4種類のみ販売されています。  
 
・2.5mg(日本では販売されていません)  
・5mg  
・10mg  
・20mg  
 
つまり50mgや100mgのシアリスは全て偽物となりますので、絶対に服用しないようにしましょう。  
 
また個人輸入代行を使ってシアリスジェネリックを選択する場合、海外の体格が大きい男性に向けて40mgなども展開しています。  
これは日本で処方されないだけであって正規品なので偽物ではありません。  
 
注意すべきは早漏も同時に改善するダポキセチン配合のシアリスジェネリックがあります。  
この場合には用量がダポキセチンの分だけ上がるので、着眼点として「タダラフィル」のみで用量がどれくらいなのか?に注目してください。

マーク

シアリスには錠剤にC20などの用量が刻印されています。  
 
シアリスの製造会社であるイーライリリー社は世界各国に支店を置く大企業ですが、どの国においても50mgや100mgの販売は行っていません。  
 
刻印がC50やC100などは「全て偽物」となります。

ボトルタイプ

シアリスにボトルタイプはありません。  
 
全て紙の箱となっておりシアリスの表記がされています。  
 
偽造品の押収ではボトルタイプのシアリスがあり、海外ではこの事例が何度も確認されていることから日本で流通していてもおかしくありません。

SNSでは絶対に買わない

以前シアリスではないものの、某フリマアプリなどでピルの転売が行われていた経緯があります。  
 
もちろん、違法行為なので逮捕されましたが、偽物をつかんでしまうだけでなく、犯罪の片棒を気付かぬうちに担いでしまうケースもあります。  
 
大阪ではわいせつDVDと一緒にシアリス100mgなどの偽造品も販売して逮捕された実例もあるので、絶対に利用しないようにしましょう。

安全なサイトを使って回避する

OK

このように偽物が出回っている以上、自身で気を付けるほか対策がありません。  
 
そこでシアリスを安全に購入し服用するために、安全なサイトを見分ける方法を紹介します。

鑑定書があるか

全ての商品にあるわけではありませんが、世界的に見ても有名な商品に関しては鑑定書を取り扱っているかが大切です。  
 
鑑定書とはその取扱商品が本物である薬の身分証と同じなので、鑑定書を公開しているサイトかどうかで、安全性は大きく左右します。

運営歴

運営歴の長さは安心度に比例します。  
インターネットがなくてはならないこのご時世で、特に医薬品を取り扱いしているサイトは信用が第一です。  
 
日の浅いサイトよりも運営歴が長ければそれほどリピーターもいます、つまり健全に運営して長く運営している証拠ともいえるでしょう。  
 
SNSなどが盛んなこの時代では偽物などが出回った時点で閉鎖に追い込まれると言っても過言ではありません。

電話番号や追跡番号があるか

海外通販サイトでも注文方法や問い合わせなどは異なります。  
メールだけの注文方法よりもしっかり所在地を置いているからこそ固定電話などを設置できますので、電話番号があるかどうかは大きな基準となるでしょう。  
 
また高齢者などはインターネットや端末操作が苦手な方も多いので、電話注文や問い合わせが出来ることはユーザーファーストと言えます。  
 
商品を購入した後の配送状況が分かるかどうかも安心できる材料ですよね。  
 
購入後にしっかり追跡番号のないサイトは、振込だけして逃げられる可能性もあるので、そういったサイトは利用しないようにしましょう。

SNSや2ちゃんなどの口コミ

運営歴の部分でも触れましたが、やはりSNSなどを使った口コミは一番の信用材料になると思います。  
サイト名などを検索して、商品が届かない、対応が悪かったなどの評価が悪い場合には同じ被害にあう可能性があるので、参考になるかと思います。

お薬なびが全てをクリアしている

ばんざい

上記の安全なサイトである項目全てをクリアしながら、実際に自分も今お世話になっているサイトですが、対応も丁寧で商品によっては業界最安値が多くあります。  
 
特にシアリスやそのジェネリックは私が確認する中でも最安値な商品が多いので、シアリスを使っている人は一度見てみると良いですよ。