title

メガリスにはシアリスと同じタダラフィルという成分が含まれています。ゆっくりと効果が現れ、そして長い時間効果が続きます。

メガリスの効果はシアリスと同じ?

シアリスは、世界で初めてED治療薬として開発されたバイアグラ、そして“第二のED治療薬”として開発されたレビトラと並び、“三大ED治療薬”のひとつに数えられています。

EDへの効き目はもちろん高く、また効果の持続時間が極めて長い点も魅力のひとつです。

そのほか、従来のED治療薬に比べて副作用が現れにくい点、食事の影響を受けにくい点も、注目すべきポイントとして挙げられます。

そんなシアリスのジェネリック医薬品として開発されたメガリスは、シアリスと同じ有効成分を含んでいることから、同等の効果を発揮します。

安全性についてもシアリスと遜色ないので、これまでシアリスを問題なく服用できていた方、シアリスを服用することで十分な効果が得られていた方は、メガリスに乗り換えても問題なく服用できるでしょう。

メガリスの特徴

メガリスの服用を考えている方は、その特徴をきちんと理解しておく必要があります。

ED治療薬はEDに悩む多くの男性にとって“奇跡の薬”といえますが、1回の服用で瞬時にEDを治療するわけではありません。

「服用してからどの程度で効果が現れ始めるのか」「どのくらい効果が持続するのか」「副作用は出やすいのか、また出るとすればどのような症状が確認されているのか」といったことを知っておくことが大切です。

こうしたメガリスの特徴を知らないまま服用してしまうと、思ったように効果が得られなかったり強い副作用を招いたりする可能性があります。

安心安全に使用し、なおかつ最大限の効果を得るために、基本的な情報を念頭に置いたうえで正しく服用することを心がけましょう。

メガリスの有効成分

メガリスは、有効成分としてタダラフィルを含有しています。

この成分は新薬にあたるシアリスの主成分でもあり、血管拡張作用によって血行を促す効果を持ちます。

これによって性的刺激を得た際の血流が活性化し、陰茎海綿体に流れ込む血液量が増加。正常な勃起を手助けします。

また、水に溶けにくい性質があるのも要チェック。

体内への吸収率はほかの成分に比べると劣りますが、裏を返せばゆっくり時間をかけて効果が現れることを意味します。その分、副作用が現れにくいという特徴があります。

バイアグラが含有するシルデナフィル、レビトラが含有するバルデナフィルでは効果が強すぎる、副作用が現れるといった方におすすめです。

また、食事の影響を受けにくい点もポイント。

食後であっても吸収が阻害されにくいので、服用する予定があるからといって食事を抜く必要はありません。

どれくらいで効果が現れる?

メガリスが有効成分として含有するタダラフィルは、水に溶けにくい性質を持っています。

このことから、バイアグラやレビトラ、そしてこれらのジェネリック医薬品に比べると、即効性に劣る部分があります。

具体的には、服用してから約2~3時間で効果が現れるとされています。

そのため、遅くとも性行為をする2時間ほど前には服用しておくことをおすすめします。性行為をする直前に服用してしまうと、肝心な場面になってもまだ効果が現れず、服用したにもかかわらず正常に勃起できないままの可能性があります。

メガリスの効果を最大限に正しく得るために、服用するタイミングはある程度計算しておくといいでしょう。

効果が終わる時間

バイアグラは勃起力、レビトラは即効性といったように、各ED治療薬には特筆すべきポイントがあります。

同じようにシアリスにも突出した部分があり、それが効果の持続時間です。

効果の発現から約24~36時間は勃起できる状態になるので、朝、起床後に服用したとしてもその日の夜に性行為を満喫することができます。

このように効果の持続時間が驚異的な長さを誇ることから、海外では“週末を楽しむための薬”という意味合いで「ウィークエンドピル」と呼ぶこともあるようです。

シアリスジェネリックであるメガリスも同様に、効果が現れ始めてから1日以上はいつでも好きなタイミングで性行為に及ぶことができます。

服用するタイミングを細かく計算するのを面倒に感じている方、長時間にわたってパートナーとの夜の営みを楽しみたい方にピッタリのED治療薬といえます。

副作用が出にくい

1998年に開発された世界初のED治療薬・バイアグラは、発売当初、世界中のED患者に大きな希望を与えました。

しかし、優れた効果を発揮する反面、副作用の報告が多々見られる点が懸念されていました。

それに比べてシアリスはゆっくりと効果が及ぶことから人体への負担が少なく、その分、副作用が出にくいという特徴があります。

もちろん、シアリスのジェネリック医薬品として開発されたメガリスにも同じ特徴があります。

過去にバイアグラやレビトラを服用したことで、副作用に悩まされた経験がある方に特におすすめです。

とはいえ、絶対に副作用が出ないと断言できるわけではありません。

どれだけ正しく服用したとしても、顔のほてりや頭痛、吐き気、めまいといった軽度の副作用が現れる可能性があるので、その点は留意しておく必要があります。

効果を得られやすくする方法

メガリスが有効成分として含有するタダラフィルは、食事の影響を受けにくいという特徴があります。

バイアグラはED治療において信頼できる効果を発揮する反面、食事の影響を受けやすいという欠点があります。そのため、腸に食べ物がまだ残っている食後にすぐ服用してしまうと、有効成分・シルデナフィルの吸収が阻害され、最大限に効果を得られない可能性があります。

その点、メガリスは食事の影響を受けにくいので、食後間もなくして服用したとしてもタダラフィルの吸収が阻害されにくく、十分な効果を得ることができるでしょう。

とはいえ、まったく食事の影響を受けないわけではありません。

高カロリーのメニューを食べる、あるいは暴飲暴食をすることにより、タダラフィルの吸収が阻害されてしまう可能性があります。

最大限の効果を得るためには、「なるべく空腹時に服用する」あるいは「食事を低カロリーのものにしたり腹八分目に抑えたりしたうえで服用する」といったことを意識してみることをおすすめします。